MainImage

2012.09.28更新

当院ではCYBER9000を施術に使用しています。

この機械は電気治療器ですが電気治療器の持つ鎮痛、筋緊張緩和作用を短時間で大きな効果を出します。

主に痛みの強い方や、急性期の痛み、通常の低周波治療器では効果が見られない方に使用します。

痛みのある体のあらゆる部位に当てることができます。

プロのスポーツ選手や格闘家の方々も使用しているとのことです。

肉離れ、ぎっくり腰、寝違い、腱鞘炎、捻挫、シビレなどでお困りの方はぜひお試しください。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.27更新

がんじゅう接骨院は交通事故治療も行っています。

むちうち、捻挫、骨折、打撲などによる痛みのほかシビレ、違和感、頭痛などもご相談ください。

当院では、事故状況の聴取と徒手検査で患部の状況を見て、施術方針を立てていきます。

施術の仕方は、電気や牽引など機械を使った施術や、手による手技療法を行っていきます。

当院は日曜午前、祝日は一日営業しております。

またお仕事などで受付時間内に間に合わない方は、事前にお電話いただければご対応いたします。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.24更新

先日テレビでプロテックのことが放送されてから、「プロテック置いてますか?」という問い合わせの電話がたくさんありました。

腰痛で悩んでみえる方は多いのですね。

当院は3年前開院以来プロテックを設置し腰痛治療に使用しそれなりに効果を得ていますが、

どんな治療方法もそうですが、100%の方に効く治療というのはありません。中には効果のない方もみえます。

こればかりはやってみなくてはわかりません。

あと、1回の治療で痛みが100%消える方もまれにみえますが、ほとんどの方は、徐々に痛みが軽減していく方ばかりです。

しかし、ほとんどの方は治療後痛みに変化が現れたといわれます。

FMT腰痛治療協会のプロテックを使った手技の講習を受けてきましたので、安心してご来院ください。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.20更新

お子様のスポーツによるケガ、スポーツ障害、また入園前の小さなお子様の肘内障なども接骨院で施術を受けられます。

(「サッカーで捻挫した」 「野球で肘を痛めた」 「手を引っぱたら痛がって手を使わなくなった」 「ボールで突き指をした」など)

子供の場合は大人と比べ治癒が早いですが、まれに痛みが長期に及んだり、スポーツを頑張り過ぎて痛みが治まらないことがあります。

当院では、問診と徒手検査にて負傷部を調べ、施術方針を決めます。

施術はお子様でも電気療法、アイシング、温熱療法、副木や包帯による固定をします。

骨折や脱臼が疑われる場合は応急処置をしてから一旦医療機関を受診して診断を受けていただいてからの施術となります。

キッズスペースがありますので小さなお子様ずれでもお気軽にご来院ください。



投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.17更新

当院はの定休日は木曜日です。

日曜日は午前のみ(受付時間8:30~12:30)営業、祝日は午前午後(受付時間午後3:30~8:00)ともに営業しております。

月毎の不定休については1週間ぐらい前にホームページにてお知らせいたします。

受付時間内にご来院いただける方は、予約の必要はありませんが、お仕事や家事、部活などで時間内に来ることが難しい方は、お電話でご予約して下さい。



投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.14更新

当院では、腰痛への施術法方にプロテック(浮腰式腰痛治療器)を用います。

ぎっくり腰やヘルニア、坐骨神経痛、分離症などあらゆる痛みに対応します。

機械自体は、患者様ご自分の体重で牽引しますので安全な牽引ができます。

先日、FMT腰痛治療協会の講習を受けて、プロテックを使っての手技を学んできました。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.11更新

交通事故などでむちうちになってしまったら、がんじゅう接骨院へご相談ください。

おケガをされたら、早めの来院をお勧めします。

痛みがよくならない状態で何もせず放置していると、傷めた組織は治っていきますが、患部をかばっているため周りの筋肉が使われなくなり、筋力が弱り、固まってしまいます。

そのような状態で日常生活やお仕事をしていると、すぐに疲れたり、ちょっとしたことで筋肉を傷めたりします。

そうならないために、早めに来院していただき電気やアイシングなどの鎮痛処置をして、痛みを軽減させます。

早く痛みが軽くなれば、運動療法を始める時期が遅れることも予防できます。

飲み薬や湿布だけで痛みが全く変わらない方や、逆に強くなっていく方は気長に様子を見るのではなく、すぐに他の方法を考えましょう。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.07更新

腱鞘炎は手首、指、足首などに見られます。

原因は加齢や、仕事や家事での使いすぎ、子供をよく抱くお母さんに見られます。

指などは悪化するとばね指(弾発指)になり、放っておくと関節が固まってしまうことがあります。

当院では、問診、徒手検査を行い、急性期には消炎鎮痛のため、電気(低周波、CYBER9000)、アイシング、アルフェンスやプライトンなどでサポーターを作り、患部の安静を図ります。

痛みなどの症状が治まってきたら、温熱療法に切り替え、ストレッチなどを行っていきます。

安静が保ちやすい方は早く痛みが治まってきますが、お仕事、家事などで手が休めれない方は、根気よく少しずつ症状が治まっていきます。

キッズスペースがありますので、小さなお子様連れでもお気軽にご来院ください。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.03更新

ぎっくり腰、ヘルニア、急性腰痛症、坐骨神経痛など腰痛、足のシビレ、痛みなどでお悩みの方は春日井市にあるがんじゅう接骨院へご相談ください。

当院では、問診、徒手検査にて椎間板や関節、筋肉、神経のどこに原因があるかを鑑別し、施術を進めていきます。

方法は電気(低周波、CYBER9000)や牽引機(プロテック)、温熱(ホットパック)、手技などを用いて、反応を見ながら行っていきます。

症状の軽減は患者さんによってさまざまですが、その場で痛みが軽くなる方もみえます。

数日様子を見て、症状に全く変化のない方は整形外科への受診を勧めさせていただきます。

投稿者: がんじゅう接骨院

2012.09.01更新

交通事故などでケガをしてから数日または数ヶ月経つのに痛みが治らなかったり、違和感が残っている方が好く見られます。

ケガをしたときに、傷ついた筋肉や靭帯が治っていても、患部をかばうことにより、周りの組織に負担がかかり、治りを邪魔してしまいます。

ある程度日にちが経ったら、状態に応じて徐々にリハビリを行っていかなくてはいけません。

当院では、急性期には電気療法、アイシングなどを行い、痛みの軽減を図り、1~2週間で回復の状態を見ながら温熱療法、手技療法、運動療法を始めていきます。

投稿者: がんじゅう接骨院

電話で無料相談・ご予約はこちら  TEL:0568-82-5225
通院前に お電話でよく聞かれる質問 はいさいブログ がんじゅう接骨院Facebookページ 交通事故の気になる慰謝料 当院へのアクセス方法はこちら