MainImage

2018.09.24更新

出産後に腰痛などの不調をきたす方は当院でも多くみられます。

 

出産後腰痛となる原因として

 

①妊娠中の体型の変化 お腹が大きくなり腰にかかる負担が増える、腰椎の前弯の増強(腰の反りが強くなる)により腰の筋肉の緊張が強くなる→筋肉への血流が不足する→短時間で筋肉が疲労してしまう→痛くなる

 

②妊娠中、産後の運動不足 運動不足→腰椎を支える筋力が弱る、筋肉が硬くなる→血流が悪くなる→体を支えられる時間が短くなる→長時間の作業、姿勢の保持に耐えられない、短時間で疲労し限界が来る→痛くなる

 

③骨盤のゆがみ 運動不足や赤ちゃんの抱っこや授乳、寝かしつけで不自然な姿勢を強いられることにより背骨や骨盤がゆがむ→左右の筋肉の片方に負担が集中してしまう

 

④骨盤の関節の痛み 出産時に仙腸関節がゆるみ産後に少しずれた状態で安定してしまっている。

 

⑤帝王切開 お腹を切った場合、切ったところが治っていく過程で傷口が周りの組織とくっつく(癒着)ことにより、腰の筋肉を引っ張ってしまう。

 

などです。

 

赤ちゃんが最優先なので仕方がないのですが、放っておいても治らなければ早めに対処しましょう。月日が経てば経つほど筋肉は弱り、硬くなって元に戻すのにも時間がかかってしまいます。

 

当院では、体全体の歪みや、硬くなっている筋肉、関節を検査し痛みの原因となっている部位を探し施術します。

 

施術自体はまず体全体の緊張をゆるめてから検査で問題となてっている部位を解決していきます。硬くなっているところを押さえたり、ストレッチしたり、固まった関節をゆるめます。

 

施術自体は30分ほどお時間がかかります。

 

体全体を施術しますので、腰以外にも手や足、お腹にも手を当てさせていただきます。

 

効果の出方は個人差がありますが、1回で痛みが良くなる方も見えますし、数回で良くなる方もみえます。

 

大事なのは長期間で変化してしまった体質を元に戻さないことで、再発を予防することです。

 

人間の細胞が入れ替わるのには最低3か月はかかるといわれています。

 

1回の施術で体が変化しても3日ぐらいで元に戻ってしまいますので、初めの1ヶ月は週に2回の通院で、そのあとは体の状態に応じて週に1回の通院で良いかと思います。

 

 

 

 

 

投稿者: nagoya-genova.co.jp

電話で無料相談・ご予約はこちら  TEL:0568-82-5225
通院前に お電話でよく聞かれる質問 はいさいブログ がんじゅう接骨院Facebookページ 交通事故の気になる慰謝料 当院へのアクセス方法はこちら