MainImage

交通事故治療

誰も遭いたくない交通事故。しかし誰しも可能性はゼロではありません。

万一のときに、様々な設備を活用して交通事故治療が出来る当院を思い出してください。

交通事故に遭ってしまったら

1.まず、警察に連絡

相手がどんなことを言っても、自分を守ることを優先します。

2.警察に届出を出す

届出ないと、自賠責保険、任意保険の両方に必要な「事故証明」を受け取ることができません。

3.記憶より記録

気持ちは高ぶっていますが、身体が動くようならご自身で、無理な場合は同乗者や周囲の方に記録してもらしましょう。

 

相手方の氏名・住所と連絡先

車の登録ナンバー

任意保険加入の有無

自賠責証明書番号・保険会社名等

当時の現場の様子

車の損傷具合

現場の地図

 

などです。

 

いずれも聞き書きか、または携帯電話のカメラ機能を利用してもよいでしょう。

4.自身の身体の点検

痛い所の確認、出血の有無、少し力んだときに痛い箇所の確認、足の先や指の先を触って感じるかどうかの確認、目の見え方の確認も自己診断でしてください。

5.医療機関での検査

をしながら、できるだけ早く専門病院に行きます。

整形外科や外科などでCTやMRIレントゲンなどを用いた精密検査を受けることをお勧めしています。

(もし余裕があれば、当院にご相談ください。経験上アドバイスできることがあると感じています。)

交通事故治療とは?

一般的には、自動車やバイクなどでの交通事故が原因の痛み(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感など)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。
(駅構内・列車内で起こった事故によるケガも、交通事故とみなされる場合があります。)

当院では、
・交通事故が原因のさまざまな症状でお悩みの方
・外科など専門医で治療中だが、思ったように治らない方
のご相談に応じております。

※交通事故では、自賠責保険により治療費が保険会社から支払われますので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。
※交通事故では、日常は傷めないような部分にも、ダメージを受けることが多いものです。放置すると痛みや機能障害、二次的障害(肩の痛みや腰痛、めまいや精神的な不快感)などへと発展することもあります。だからこそ、早期の正確な診断と治療・施術、症状が完全に収まるまで、きちんと治されることをお勧めします。

よくある交通事故での「ご相談」

交通事故に遭った後、どうしていいかわからない。誰に相談してよいかわからない。

交通事故後の痛みやしびれがとれない。いつもと何か調子が違う。

事故直後はなんともなかったのに、だんだん痛くなってきた。

病院では異常なしといわれたが、身体の調子がわるい。

むち打ち症で通院していたが、どこへ行ってもよくならなかった。

なるべく早く症状を回復させたい……。

交通事故治療の専門家に治療してほしい…。

 

当院では、交通事故に関することなら、どんなに小さな疑問にもお応えし、責任を持って事故後の回復をお手伝いしております。

他の医療機関に通院中の方も大丈夫です。お悩みをお持ちでしたら、ぜひご相談ください。

また、弁護士法人心様との提携をし、交通事故に関する法的なトラブルやちょっとした疑問にもお応えできるようにしています。

当院の交通事故治療(自賠責保険・任意保険の適用)

当院で「自動車事故治療」を受ける場合でも、自賠責保険および任意保険が適応されます。

交通事故によるケガの場合、放置は後遺症を起こす危険があります。

特にむち打ち症が原因になりやすい「頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・頚腰部の痛み・こり・はり・手足のしびれ・脱力感」などの症状が出る場合があります。

事故直後、痛みがない場合でも、専門医での診断と身体の変化に注意が必要です。

自賠責保険は患者(被害者)様の負担金は0円です。

相手側(加害者)の自賠責保険を使用しての治療となります。

現在、他の医療機関(整形外科や接骨院等)に通院されている方でも、接骨院への転院可能です。

がんじゅう接骨院のこだわり

特徴1

プロアスリートが使っている即効性の高いサイバー(Cyber)9000による最新電気治療器の使用。

特徴2

安全性と効果の高い浮腰式の牽引治療器の効果的使用。

特徴3

患者様の症状に合わせて手技と物理療法を組み合わせた「オーダーメイド」式の施術を実施。

主な症状『むち打ち症』

正式には「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」などと呼ばれます。

車で後部から追突された際になるむち打ち症

追突時、体幹は前に押し出されます。

しかし、首が可動性なため干渉材になり重い頭部は元の場所に残ります。

ここで首は前に向かって伸びます。

次の瞬間、体幹は元の場所に引き戻され、重い頭部は逆に動きます。
このとき、首は逆の方向にまた大きく引っ張られることになります。

この「ムチがしなるような様子」が、むち打ち症と呼ばれる理由です。

 多くは首部の筋肉と骨、筋膜ですが、首から背中、肩、場合によっては腰にもダメージは広がります。

何より、首の骨にはたくさんの神経が通り、これに損傷を受けていると、痛み以外にめまいや頭痛、吐き気、記憶障害などレントゲンやMRIではわからない症状の原因になる恐れがある怖いものです。

交通事故以外でも、スノーボードや体操などスポーツ中に起こる場合もあります。

むち打ち症の見えない原因での症状

むち打ち症の見えない原因での症状……事故の発生後、数日以降に症状が出てくることもあります。

まず専門医で診断を受けることをお勧めします。

 

神経根症状型

首が強い力で引っ張られたことで、瞬間的にでも首周囲の形が変わり、頚椎から出る神経が圧迫され、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

 

パレ・リュウ症候群型

首に強い力がかかったことで、神経自体を傷つけることがあります。

特に後部交感神経の損傷や圧迫により頭に行く血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労……などが起こる症状です。

電話で無料相談・ご予約はこちら  TEL:0568-82-5225
通院前に お電話でよく聞かれる質問 はいさいブログ がんじゅう接骨院Facebookページ 交通事故の気になる慰謝料 当院へのアクセス方法はこちら